top of page

MALS に対するチームアプローチ - CARE TEAM の確立

MALS は、診断が難しい可能性があり、その希少性により、直接の知識を持っている、または最新の研究について最新の状態にある臨床医がほとんどいないことを意味するため、孤立した病状です。チーム アプローチは、MALS の症状を管理し、MALS の診断を確定し、適切な外科医を見つけ、手術後の強力なフォローアップ ケアを行うための最良のアプローチです。

あなたやあなたの愛する人の周りにどのようなチームを作るべきですか?進んで学び、ready to 患者の話を聞き、喜んでお互いに話し合うチーム。場合によっては、同じプロバイダー ネットワーク内で練習するため、理想的には既に相互に通信が確立されている人々のネットワーク内で作業することが役立つ場合があります。ただし、知識が豊富で、あなたに固執し、他の専門家と協力して最高レベルのコミュニケーションとケアの質を提供することをいとわない医師のチームを確保することが最も重要です。

ここでは、ケア チームに必要な重要なパートナーを紹介します。理想的には、そのすべてをかかりつけの医師が開始して管理できます。これらの各臨床パートナーの実例から直接的な視点を提供しようとしました. 

時間の経過とともに、これらの臨床パートナーが MALS 患者に対する役割をどのように見てきたかについて、直接的な視点/ストーリーを提供します。忍耐。

  • What is Median Arcuate Ligament Syndrome (MALS)?
    MALS is a condition that happens when the Median Arcuate Ligament pushes down on the celiac artery and sometimes the nerves around the artery. This makes it hard for blood to flow normally. This ligament attaches to your diaphragm which is a muscular structure in your upper belly that moves up and down when you breathe. MALS can lead to awful GI symptoms, nausea, and pain. Most patients have their symptoms increase after eating, drinking, and/or exercise. It’s not a simple tummy ache.
  • What is the Celiac Artery and what does it do?
    The celiac artery is part of your vascular system which helps spread blood and oxygen throughout the body. The celiac artery is the first (1) of the three (3) abdominal mesenteric arteries and focuses on a specific section of your digestive system. The parts that it feeds are the stomach, pancreas, liver, spleen and upper part of the duodenum. When blood isn’t flowing properly it can prevent an organ/s from functioning as they should which is why when the artery is compressed it can cause so many uncomfortable symptoms.
  • How do I receive a MALS diagnosis?
    MALS is usually a diagnosis of exclusion. That means it is important to rule out other, more likely causes. Most patients will need to go through a full set of gastrointestinal (GI) tests just to make sure your symptoms aren’t from another illness. These tests look at how your esophagus, stomach, gallbladder, pancreas, liver and intestines are functioning. Very rarely will MALS show up on GI testing, so don’t get discouraged if the tests all come back as “normal”. At this point, you should be sent for further testing to look for MALS. These MALS-specific tests may include a wand (Mesenteric duplex ultrasound) that is rolled around on your belly to see how fast the blood flows through the arteries or a special x-ray machine (CTA) with or without a dye that takes pictures to see if any arteries are squished, a special magnetic machine (MRA) can do this too. Sometimes, you may need to have a special test that numbs the celiac nerves around the artery. This is called a celiac plexus block and it is sometimes used as part of the diagnosis process and sometimes part of the pain management treatment, but not always. The doctors will look at all your test results to see if you have MALS. It's important that the tests are done using the correct protocols necessary and should be done by someone experienced in looking for MALS. It's also important that all tests are read or interpreted by someone who understands the complexity of MALS and who knows exactly what to look for in the results. If not, you may be told you do not have MALS, when in fact you might.
  • Can you have a GI illness and still have MALS?
    It’s not that uncommon for a MALS patient to have more than just MALS, some people have another GI illness too. But there are also times when MALS patients get misdiagnosed with other illnesses because of their MALS symptoms. Gastroparesis (GP) is not that uncommon for MALS patients to have. Some doctors will diagnose MALS patients with Irritable Bowel Syndrome (IBS), Acid Reflux, Chronic Vomiting Syndrome (CVS) and Dumping Syndrome. These are all syndromes that are a diagnosis made by exclusion which is similar to how you get a MALS diagnosis. It’s important that you know that the symptoms you have that result in a GI diagnosis may or may not be directly related to MALS. We see both. Some patients have a (GI) diagnosis, but the symptoms are actually caused by MALS. In other cases, there is an independent (GI) condition not related to MALS. This is why it’s so important to have various GI testing prior to surgery including being tested for Small Intestinal Bacterial Overgrowth (SIBO), Cdiff (diarrhea due a bacteria and inflammation), celiac disease, fecal elastase stool and follow-up with your Gastroenterologist after surgery if you continue to have digestive issues.
Care Team
Transition of Care

手術後のそのような介入には、次のようなものがあります。

  • 血管形成術または動脈にステントを留置して動脈を開いた状態に保つ

  • 神経痛を遮断するために腹腔神経叢ブロックを行う

  • 腹腔動脈の外科的バイパス

長期的にフォローしてくれる外科医を選ぶことが重要です。超音波検査を 1 ~ 2 年にわたって繰り返すことで、動脈の速度を監視できます。動脈の再圧迫は、「成功した」手術から数か月または数年後に発生する可能性があります。

 

ただし、同時に、治癒プロセスは長くなります。上記の問題の多くと同様に、治癒中の多くの身体的感覚はMALSの症状を模倣する可能性があります.手術がうまくいかなかったという結論に飛びつく前に、完全な治癒過程のための時間を与えることが重要です.そして、手術がうまくいかなかったという結論に飛びつく前に、手術によって引き起こされる可能性のある付随的な問題を調査できる医師のチームを持つことが重要です.主治医と消化器専門医が手術後の症状をすべて調査し、他に原因が見つからない場合は、外科医に再度相談して、再圧迫が発生したかどうかを調べる時期かもしれません.

Having a hard time finding a doctor?
Follow the link below to our Doctor Page!

手術後のケアの移行を考慮することが重要です。治癒が進んでいるように見え、特に治癒が進んでいないように見える場合は、家の近くに専門医がいるとよいでしょう。

多くの外科患者は、PCP、小児科医、または消化器専門医からの注意を必要とする手術後に問題を発症します。これらには、次のような問題が含まれる場合があります。

  • 食事と抗生物質で改善できる小腸細菌異常増殖 (SIBO)

  • 肋軟骨炎またはティーツェ症候群は、胸部に痛みを引き起こす可能性があり、抗生物質と理学療法によって治療することができます

  • 食事に特別な注意が必要な胃不全麻痺

  • 一貫した理学療法が必要な筋萎縮

  • 手術部位のヘルニア

  • 消化が必要な膵臓の問題酵素療法

  • ここに記載されていない追加条件

いつ外科医にフォローアップする必要がありますか

Follow Up

ケアの移行

MALS の症状と手術は複雑です。腹腔動脈は、正中弓状靭帯の解放後に再圧迫され、症状が再発する可能性があります。この症状の再発は、必ずしも元の外科医の技術を反映したものではありません。最高の外科医は、MALS 手術では症状が改善しない可能性があり、さらなる介入が必要になる可能性があることを認識しています。

bottom of page